難しいことはわかりません。

写真のことなんかを書いていきます。

フィルムは記憶に近いから心地よい

 

僕はデジタルとフィルムの両方で撮影しています。でも本当はフィルム写真がすき。

フィルムの写りに近づけるよう多少は加工をします。

 

 

f:id:owataam:20170914012313j:image

 Contax T3 業務用400

 

デジタルでフィルムを再現するためにアレコレ考えてますが、やっぱり本物にはなれません。

とても美味しくて安い松茸のお吸い物売ってますよね。あれはあれでとても美味しいです。でも、やはり本物の味とは違うのです。 

 

 

フィルムで撮った写真は、例えどうでもいい風景だったとしても、少しブレていたとしても何か心につっかかってくることが多いです。

 

 

下は僕が撮ったスナップ写真です。

一目見ればわかるかと思いますが、上がフィルムで下がデジタルです。

 

上: ContaxT2  Ektar 100

下:α7ii 55mm F1.8 VSCO使用

 

f:id:owataam:20170914004545j:image

f:id:owataam:20170914004718j:image

 

(設定が全く異なりますからもっと互いに近づけることはできます)

フィルム写真の特徴はあちこちでアレコレ分析されていますが、

ざっくり結論を出すと、僕はフィルム写真は人の記憶に近いんじゃないかと思っています。だから心地よいし、上手く撮れてなくてもなんか許せちゃう。

 

フィルム写真って一見階調や抑揚豊かでドラマチックですが、拡大すると、細かいところはよく見えなかったりしますよね。

予想外な色がついたり、よくわからない光やノイズが入り込んだりします。

 

記憶もそんなもんじゃないでしょうか。

よく思い出そうとすると、細部までは思い出せなかったり、変なところだけ妙に印象的に残ってたり。

 

フィルム写真は人の脳の記録リズムに近いのだと思います。

だから、身体になじむし心に馴染む。フィルム写真を見た時、まるで記憶を共有しているかのような印象を受けます。

 

 

スマートフォンやパソコンによってカンペキな生活を求められるようになった私たちに、語りかけてくるようです。

 

そんなイマだから、フィルムのちょっとゆるい感じが若者に受けているのだと思っています。

 

 

逆に、デジタルはより記録に近い。

正確性が求められますし、ぼくらの要求にも一生懸命答えます。フィルムっぽくしたいと思えば、頑張ってなろうとしてくれます。

それである程度満足はできます。

でもやっぱり、フィルム風のデジタル写真なのです。

(あ、それはそれで美しいし好きですよ。

フィルデジとでもいいますか、新ジャンルのようなものだと思っています。)

 

 

フィルム代+現像+データ化

自分のいつもの流れだとこいつらを36で割った時、大体一枚辺り55円くらいはかかっている計算になります。

 

1ショット55円‥、財布から55円‥、あ、ミスった!でもやっぱ55円‥。あなたも私も55円。

 

 

 

あぁ、記憶が一つ55円なんて‥(泣)

 

 

 

 

 

f:id:owataam:20170914012043j:image

Contax Aria Pro400H

 

 

追記.

フィルムスキャナー買いました。

Opticfilm8200i ai というものです。

気が向いたらレビューします。