難しいことはわかりません。

写真のことなんかを書いていきます。

火の写真

火って凄く魅力的だと思う。

 

 

別に僕は放火魔とかそういうヤバイ人じゃないけれど、火って魅力的だなーと感じる。

 

現代で火といえば、一部の人を除けば料理に使ったりお祭りやバーベキュー、キャンプファイアで使うくらいだと思う。

 

 

でももし、いまある照明器具が全部なくなったら?

街がなくなったら?道がなくなったら?電灯がなくなったら?

夜になれば暗闇に包まれる。

 

暗闇には熊やイノシシや、人間を捕食する動物がいるかもしれない。

怪物がいるかもしれない。

  

暗闇はとても恐ろしいものだったに違いない。

 

そんな闇を切り裂くものが火だったからこそ、

ロウソクとか、灯篭とか提灯とか、そういったものに神聖な美しさを感じて

本能的に写真を撮りたくなるような魅力を感じてしまうのかもしれない。

 

 

「照らす」「灯す」火は神聖で美しいですね。

 

 

f:id:owataam:20170608233443j:image

 

 

 f:id:owataam:20170904175929j:imagef:id:owataam:20170904175937j:image