空想する人のための図書館

建築と写真とデザインをおわたむが、空想を描くための知恵やアイデアを発掘してゆく図書館。

ことばでしか表現できないこと。

時々、文章が書きたくなる。

 

自分は普段は写真や建築をやっています。

写真や建築は、言葉では表現できないことを表現してくれる。

自分にとっての第2・第3言語なのです。

(ちなみに英語はさっぱりです)

 

最近、頭の中に泡のように次々に浮かんでくる思考を、弾けてなくなる前にメモに取るようにしています。

 

 

「あぁ!消えてしまう!」

と思った思考の軌跡たちを、このギャラリーに展示していきたい。一つ一つを作品として。

 

 

表現したい!というフラストレーションが溜まった時、音楽やドローイングなどのリアルタイムな表現手段がない自分は、文章に頼るしかない。

文章が一番リアルタイムに近い。

 

 

感情の結晶のような

ぴかっと光ったこころを、たまに写真やスケッチを添えて展示します。

 

自分で見返す個人的な図書館でもあり、人と共有する場にもしたいと思っています。

 

 

f:id:owataam:20170606214403j:image