難しいことはわかりません。

空想を描くためのアイデアを発掘してゆく図書館。

フィルムは記憶に近いから心地よい

 

僕は普段はデジタルで撮影しています。

でも本当はフィルム写真がすき。

だからフィルムの写りに近づけるよう加工をします。

 

 

f:id:owataam:20170914012313j:image

 Contax T3 業務用400

 

デジタルでフィルムを再現するためにアレコレ考えてますが、やっぱり本物にはなれません。

とても美味しくて安い松茸のお吸い物売ってますよね。あれはあれでとても美味しいです。でも、やはり本物の味とは違うのです。 

 

 

フィルムで撮った写真は、例えどうでもいい風景だったとしても、少しブレていたとしても何か心につっかかってくることが多いです。

 

 

下は僕が撮ったスナップ写真です。

一目見ればわかるかと思いますが、上がフィルムで下がデジタルです。

 

上: ContaxT2  Ektar 100

下:α7ii 55mm F1.8 VSCO使用

 

f:id:owataam:20170914004545j:image

f:id:owataam:20170914004718j:image

 

(設定が全く異なりますからもっと互いに近づけることはできます)

フィルム写真の特徴はあちこちでアレコレ分析されていますが、

僕はフィルム写真は人の記憶に近いんじゃないかと思っています。だから心地よいし、上手く撮れてなくてもなんか許せちゃう。

 

フィルム写真って一見階調や抑揚豊かでドラマチックですが、拡大すると、細かいところはよく見えなかったりしますよね。

おまけに都合よく色付けされたり、よくわかんない雑念が入り込んだりします。

 

記憶もそんなもんじゃないでしょうか。

よく思い出そうとすると、細部までは思い出せなかったり、変なところだけ妙に印象的に残ってたり。

 

フィルム写真は人の脳の記録リズムに近いのだと思います。

だから、身体になじむし心に馴染む。フィルム写真を見た時、まるで記憶を共有しているかのような印象を受けます。

目で見るというよりも、心でジーンと感じ撮ります。

 

 

そんなに肩肘張ってどうした?

完璧じゃなくたっていいじゃないか。

と、スマートフォンやパソコンによってカンペキな生活を求められるようになった私たちに、語りかけてくるようです。

 

そんな現代だから、フィルムのちょっとゆるい感じが若者に受けているのだと思ってぃす。

 

 

逆に、デジタルはより記録に近い。

正確性が求められますし、ぼくらの要求にも一生懸命答えます。フィルムっぽくしたいと思えば、頑張ってなろうとしてくれます。

それである程度満足はできます。

でもやっぱり、フィルム風のデジタル写真なのです。

(あ、それはそれで美しいし好きですよ。

フィルデジとでもいいますか、新ジャンルのようなものだと思っています。)

 

 

フィルム代+現像+データ化

自分のいつもの流れだとこいつらを36で割った時、大体一枚辺り55円くらいはかかっている計算になります。

 

1ショット55円‥、財布から55円‥、あ、ミスった!でもやっぱ55円‥。あなたも私も55円。

 

 

 

あぁ、記憶が一つ55円なんて‥(泣)

 

 

 

 

 

f:id:owataam:20170914012043j:image

Contax Aria Pro400H

 

 

追記.

フィルムスキャナー買いました。

Opticfilm8200i ai というものです。

気が向いたらレビューします。

 

 

感情が微かに滲む写真に惹かれる

 

人の写真についての持論。

 

僕は綺麗な人を綺麗に撮ったポートレートや、ハツラツとした笑顔の写真にはあまり惹かれません。

 

悲しいような、怒ってるような、微笑んでるような、感情が読み取れない写真に惹かれます。

 

 

 

「写真の裏側にある美しさ」

 

を感じるかどうかが大切な気がするんです。

 

 

それは、写真に写った人の目の潤み方とか、肌の質感とか、口の角度とか

とても細かな部分から感じ取るとても繊細なものだと思います。

 

ロラン・バルトの言うプンクトゥムとは、この感覚に近いのではないかと最近思います(正直ちゃんと理解できてませんが)。

 

 

読み取りにくい表情の中に、「微かに」弱さとか脆さとか、消え入りそうなものを感じるとき、写真が心に沁みてくる。

なんとも言えないジーンとした気持ちになります。

あぁ、いい写真だなぁ‥って思う。

 

 

この「微かに」はとても大切。

 

 

 

人の心って常に感情がいくつも重なってると思うんです。

今楽しい!ってときにも、心のどこかに何かに対する嫉妬とか寂しさなんかが潜み、マーブル模様を描いてる。

 

 

そんな感情のマーブル模様を、ちゃんと写し取った写真がすき。

心の複雑ながらも美しい動きを、写し取った写真がすき。

 

 

そういう写真は、自分にはまだ撮れてません。

 

 

 

 

火って不思議

火って凄く魅力的だと思う。

 

 

別に僕は放火魔とかそういうヤバイ人じゃないけれど、火について考えたことがある。

 

現代で火といえば、一部の人を除けば料理に使ったりお祭りやバーベキュー、キャンプファイアで使うくらいだと思う。

 

 

 

でも、もしいまの文明が全部なくなったら?

街がなくなったら?道がなくなったら?家がなくなったら?伝統がなくなったら?

夜になれば一寸先は暗闇に包まれる。

 

 

平安時代は妖怪がいたとされる。

本当はそんなものいなくても、当時は電灯などがなく、闇を本能的に恐れていた。

つまり、人間にとっての暗闇という怪物が具現化したものが妖怪なのだ。

 

 

暗闇には熊やイノシシや、人間を捕食する動物がいるかもしれない。

底なしの沼にハマるかもしれない。

当然崖下に転落するかもしれない。

 

 

暗闇はとても恐ろしいものだったに違いない。

 

 

そんな闇を切り裂くものが火だった。

火が光を放って照らされた空間は、視点を変えれば光というバリアに包まれた空間になる。

 

 

 

 

ロウソクとか、灯篭とか提灯とか、そういったものに神聖な美しさを感じて

つい写真を撮りたくなってしまう。

 

 

 

打ち上げ花火とか、鑑賞用の火にはあまり興味がない。デートで行くならいいけれど

 

、写真は撮らなくていいかなと思ってしまう。

一方で、「照らす」「灯す」火は神聖で美しい。

 

f:id:owataam:20170608233443j:image

 

 

 f:id:owataam:20170904175929j:imagef:id:owataam:20170904175937j:image

 

 

 

Contax T3の魔力について

最近、ContaxT3の価格が非常に高騰しているようです。

僕はContaxのレンズの写りが好きで

T3に加えてContax AriaContax T2も持っています。

そこで、誰かの参考に自分なりにContaxT3について率直な感想を書いてみようと思います。

 

 

ContaxT3はすこし固めの写りで、ミスしにくい優等生なカメラだと思う。

絵は非常に細密で、線が細かいと感じる。

とても小さく、非常に持ち運びしやすい。

 

 

ContaxAriaの写りは大味ながら立体感がある。

50mm/1.4 を使っていたらそりゃそうだろと思うかもしれないが、色味や光の入り方がどこか違うように感じます。

 

T2はもったりとして、T2にしかない濃厚な写りをします。自分の撮った写真の中でも、いいなと思ったものはT2の確率が高いです。

 

 

最近ファッション雑誌などの手荷物見せますコーナーでもやたらとT3がでてくる。

T3は小さくてデザインもいいし、ファッションアイテムとしても優秀なのかもしれません。

 

 

個人的にはAriaの立体感な写りが好きです。T3とT2だと、T2の写りの方がすきです。

もったりとして、深みがある感じがするから。

 

 

けれども、気がつくとT3を持ち運んでいることが多いです。

T3はとても小さく優秀だから、安心感があるのです。

 

写真はT3のものです。ご参考に。

 

 

f:id:owataam:20170607010337j:image

 

 

ことばでしか表現できないこと。

時々、文章が書きたくなる。

 

自分は普段は写真や建築をやっています。

写真や建築は、言葉では表現できないことを表現してくれる。

自分にとっての第2・第3言語なのです。

(ちなみに英語はさっぱりです)

 

最近、頭の中に泡のように次々に浮かんでくる思考を、弾けてなくなる前にメモに取るようにしています。

 

 

「あぁ!消えてしまう!」

と思った思考の軌跡たちを、このギャラリーに展示していきたい。一つ一つを作品として。

 

 

表現したい!というフラストレーションが溜まった時、音楽やドローイングなどのリアルタイムな表現手段がない自分は、文章に頼るしかない。

文章が一番リアルタイムに近い。

 

 

感情の結晶のような

ぴかっと光ったこころを、たまに写真やスケッチを添えて展示します。

 

自分で見返す個人的な図書館でもあり、人と共有する場にもしたいと思っています。

 

 

f:id:owataam:20170606214403j:image